FC2ブログ
2018/11/21

D-Buddyデイケアの利用方法。

D-Buddyでは、デイケア・一時預かりもおこなっています。
今回は
デイケア・一時預かりの有効的なご利用方法についてご案内。

デイケア・一時預かりと聞くと、
お留守番の代わりに利用するだけと思われるかもしれませんね。
確かにその利用方法は一般的ではありますが、
当店でおススメしている利用方法はホテル利用やトリミング利用の前段階として
施設やスタッフに慣れる機会としてのご利用をおススメしています。
初めて行く場所、よく知らない場所、初めて会う人達やよく知らない環境の中で
いきなりお泊りするよりも、「ここは楽しい場所」「ここは安全な場所」と
犬が認識している状態でのお泊りの方が犬に掛かる負担は少ないと思いませんか?

お泊りに預けられることも、トリミングやシャンプーをされることも
犬にしてみたら・・・
「なぜ自分がそのようなことをされるのか?」はまったく理解できない事柄です。
ですから、
理由はわからなくともせめてお泊りする場所やトリミングする場所が
犬にとって“嫌な場所”ではないと思うことができれば、
お泊り時やトリミング時の犬に掛かる負担を大幅に減少させてあげることができるはずです。

20181121_111915.jpg


当店のモットーは犬の心に寄り添うこと!
そうしたステップを大切にしたいと考えていますので、
お泊りやトリミングのご利用をお考えいただいているお客様に
デイケアや一時預かりをおススメさせていただいています。

(一頭ごとによって、慣れるまでのスピードや回数は異なります。)

logo.png


スポンサーサイト



コメント

非公開コメント